家に帰った俺はプリンを食べながら思った。 自分は井戸の中の蛙であったこと。俺の座右の目は一期一会を愛するという・・・