小さいぞ。子供か?いや、お婆さん的なシルエットに見えた。 ・・見えた?見たのか俺は。そんなはずは無い。 こんな時間、こんな所にお婆さんがうずくまっているはずがない! なにかの見間違いだ。そうに違いない。 急にあのテレビ番組のことが頭をよぎった。 やべえ・・・ なにか気持ちを残すと憑いてこられるかな(焦) 見なかったことにしよう。関わらないことだ。それがいい。 アクセルを戻さず、走りぬけた。 しかし・・・・・ ブランド買取のあのオバケのばあちゃんがもし、生のばあちゃんだったら? この寒さで歩き疲れて休んでるとしたら? あるいは行き倒れになっているとしたら? オバケになる寸前のナマばばあなら・・・・助けなければ!